アトピーの対処法とは|肌トラブルとの上手な付き合い方

婦人

温泉療法と食事療法

頬を触る女性

温泉療法

アトピーの症状に効果的なものがあります。それは食事と温泉です。温泉は肌に直接的に良い影響を与えます。ただし、肌に合わない場合もあります。それは成分が大きく関係しています。肌に刺激が強いものに入浴していると、逆効果になります。さらに、お湯の温度も重要な要素になります。アトピー肌に効き目のあるものは、あくまでもぬるま湯の温泉です。温度としては40℃程度を目安にすると良いでしょう。しかしながら、どの温泉が温度が高いのかはなかなか把握できません。ひとつの目安としては、硫黄臭が強くする温泉は温度が高くなる傾向があります。そのため、ゆっくりとつかることができる温度がおすすめです。このような温泉であれば足繁く通うことも大切というわけです。

味噌汁や乳酸菌

アトピーによく食べ物にはいろいろとありますが、その中には味噌汁があります。味噌汁には酵素や乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌には大豆オリゴ糖やビフィズス菌が入っていてアトピーの改善につながります。また、こうした栄養素だけでなく味噌汁の出汁にこだわることも大切です。カツオ節やコンブを使って味噌汁の出汁を作るのがおすすめです。そのため、インスタントの味噌汁はできるだけ避けた方が良いです。味噌汁以外では、漬物がおすすめです。漬物は乳酸菌が多く含まれているのですが、ヨーグルトと一緒に食べるとより一層の高い効果が発揮されます。他にもアロエがあります。アロエヨーグルトも高い効果があります。このような食事をするとアトピーは改善されます。